代表メッセージ

地域の健康を身近で支える存在でありたい

超高齢化社会の中で、重度な要介護状態となっても、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される「地域包括ケアシステム」の構築が早急に求められています。  このような中、我々山口薬品株式会社は、薬局における外来対応だけではなく、在宅推進、終末期医療対応に向けた無菌調剤室の導入を始め、平成29年度には健康フェアを大町店・二本松店で開催するなど、健康サポート機能の強化に努めてまいりました。
  

加えて、居宅介護支援事業所や管理栄養士との連携により「医療」だけではなく、「予防」・「介護」の視点を持って、地域住民の皆様に寄り添ったサービスを実行してまいりました。当薬局を利用されている地域の方のみならず、医療機関、介護関連事業所の皆様から高い評価をいただいております。
これもひとえに、スタッフの皆様、我々を支えて下さる関係者のご協力があったからに他なりません。
 今期も社員一丸となって地域住民の皆様から必要とされる「一番身近な健康ステーション」を目指し精進してまいります。

ページトップへ